稟議制度とは、日本企業で用いられる日本独特の意思決定プロセスです。具体的には、決済が必要な事項を下位者より上位者へ上申して決裁する仕組みです。
日本企業は組織のヒエラルキーを大切にするため、この制度は重要な意思決定プロセスとして多くの企業において用いられてきました。

この仕組みは、以下のように多段階決済の方式をとるため日本独特であると言われます。

○ 下位者からの決済依頼が、上位者に提出され当該上位者が決済
○ その後、更に上位の決裁者に回覧されて決済を受け、更に上位の決裁者に回る
○ 最終決裁権限を持つレベルまでこの他段階プロセスを踏んでいく

稟議には、下のような稟議書が用いられます。
稟議書

なお、稟議制度は多くの時間を要する事や責任の所在が曖昧になることもあり、制度の見直しや改善を試みる企業が増えています。