見積書・請求書や履歴書を送付する時、「御中」や「様」、「先生」の違いや使い分けに悩むことはありませんか?

本記事ではこれらの使い分けの方法をわかりやすく解説します。

 

「御中」の使い方

「御中」は、団体名や部署名の後に付けます。
会社宛に郵送する時、担当者名が分からない場合は、

「○○株式会社 御中」

もしくは

「○○株式会社 経理部 御中」

という書き方をします。

 

「様」の使い方

「様」は、原則として個人名の後に付けます。
担当者の名前が明らかな時に「様」を使用しましょう。

「○○株式会社 田中△△ 様」

もしくは

「○○株式会社 経理部 田中△△ 様」

と書きます。

ただし口語では「○○株式会社様」という用に、団体名の後に「様」を付けても問題ありません。

宛先が弁護士、会計士、税理士、教師、医師などの場合は、「様」を「先生」としても構いません。

 

「様」と「御中」の併用について

「様」と「御中」は併用しないようにしましょう。

例えば
「○○株式会社 御中 田中△△ 様」
という書き方は誤りです。

「様」を使う場合は、「御中」と書く必要はありません。

 

書き方の心配いらず、MakeLeapsで請求書を簡単作成

請求書・納品書・見積書をオンライン上で作成できるMakeLeapsを使えば、「様」と「御中」などの書き方を心配する必要はありません!
請求書作成ツールで書類を作成すると、簡単にプロフェッショナルな書式の書類が作成できるだけでなく、税計算や合計金額の計算を自動化し、顧客情報も簡単に管理できます。

無料版で試す