日本のビジネスにおいて、時間厳守は最も大切なルールの一つです。取引先とのアポイントメントの時間や電車の時間、納期や締め切りなど、期日・時間という概念は非常に重要です。

時間管理がしっかりしていると、ビジネスを行う上でも信頼を得やすくなります。逆に、それがいい加減であれば信頼も薄いものになり、また一度信頼を失ってしまうと取り戻すことは簡単ではありません。よって、約束の時間を守ることはもちろんですが「間に合えばよい」ではなくて常に指定の期日や時間より先に、という意識を持つことが大切です。

しかしながら、時間厳守を心がけても思わぬ問題により、時間を守れない場合もあるでしょう。そのようなときは、現在の状況を速やかに関係各者に連絡・説明することが大切です。状況をを早急に相手に伝えることで、業務上の遅れを取り戻すことができ、そうすることで個人の信頼の維持につながります。また、事前に分かっていることであれば、その時点で連絡を入れるようにしましょう。