日本には特徴的な雇用制度が2つあります。新卒採用制度と終身雇用制度です。

新卒採用制度

新卒とは、その年度に卒業予定の大学生、または卒業した者を指します。日本では大学最終学年時に就職活動をし、卒業後すぐに就職するのが一般的です。日本企業も中途より新卒を積極的に採用します。日本企業が新卒を好む理由は、どの企業の色にも染められてなく、自社の価値観を叩き込みやすいからです。

終身雇用制度

終身雇用制度とは、一度入社したら定年まで会社が面倒見てくれるという制度です。労働者のメリットとしては、リストラの心配がなく安定して収入を得られます。ですが、ほとん どの企業が人材を解雇しないので雇用が硬直化しており、万が一解雇された場合、他国に比べ次の仕事がとても見つけにくいです。