日本では名刺交換はとても重要な伝統儀式です。初対面の相手とは必ずします。
会った人全てに手渡しますので、枚数は最低でも100枚は用意してください。
名刺は 両面印刷しましょう。片面日本語、もう片面英語にしてください。なるべく同じフォーマットで印刷するのが望ましいです。
名刺を渡す順番は、一番地位が高い人から渡しましょう。そして、渡すときは顔を上げながら両手で渡してください。
めんどくさがらずに、丁寧に行ってください。そっけなく手渡すと、悪い印象を与えてしまいます。
受け取るときは、両手で受け取りながら、「頂戴します」と言ってください。
会談が終わった後に名刺を名刺入れに閉まってください。終わってない間はテーブルの自分側付近に置いてください。

名刺はその人の体の一部です。名刺を丁寧に扱うことは相手を丁寧に接しているのと同義です。置き忘れないように注意しましょう。