日本には4種類の企業形態があります。一般的には株式会社と有限会社がほとんどです。

日本企業の構成員には、企業が損失を出した場合の責任の形態が二種類あります。有限責任と無限責任です。
有限責任の場合、出資した分の額までしか責任を負いませんが、無限責任の場合は損失がなくなるまで自己の資産を弁済に充てないといけません。

株式会社

株式市場から資金調達をし、株主に利益を配当する企業を株式会社と呼びます。有限責任の出資者、つまり株主からなります。

有限会社

有限責任の出資からなります。中小企業に適した企業形態です。

※会社法の改正で現在は有限会社を設立できません。
ただし、改正以前から有限会社だった場合、そのまま以前と同様に有限会社と名乗るか、株式会社に変更してもよいことになっています。

合資会社

有限責任と無限責任の出資者からなります。

合名会社

無限責任を負った社員のみで構成される会社です。