日本ではサインの変わりに「ハンコ(印鑑)」という、個人または法人の名前が彫刻されたスタンプを使用します。ハンコは通常一つだけ持つのではなく、用途に応じて使い分けます。例えば、郵便の受け取りで使用する「認印」、銀行や証券会社で口座を開設するときに使用する「銀行印」、訂正箇所に押す「訂正印」、というふうに使い分けます。