英文履歴書は全てパソコンで作成しますが、日本の履歴書は手書きが一般的です。なぜでしょうか。

日本人の間では、手書きの文字からその人の人柄が分かるという考えがあります。面倒くさい作業を、採用されるかどうかもわからないのに、時間をかけて丁寧に書く人はやる気あると判断するそうです。

その他にも、日文・英文履歴書では記載する項目が異なります。例えば、英文ではカバーレターに自己PR、志望動機を記載しますが、日本では履歴書に記載します。英文履歴書では写真の貼り付けや年齢・性別を載せるのは差別に繋がるため記載しませんが、日本の履歴書では必須事項です。英文履歴書ではアルバイトは職歴として扱われるのに対して、日本では職歴として認められません。英文履歴書のフォーマットは自分で自由に作れますが、日文履歴書のフォーマットは決まっています。