敬意

このような縦社会においては、相手に対して敬意を示すことが非常に重要です。敬意は、様々な方法によって示されます。例えば、敬語を使うこと、お辞儀をすること、その他の身体動作、ちょっとした気づかいなどです。

人に会うこと、挨拶

お辞儀は、日本社会おいて最も重要なものです。人に会った時、感謝の心を表す時、謝罪する時、共感を示す時等、様々な場合に、ニ本人は、お辞儀します。もっとも、あなたが、西洋人であるなら、そうする必要はないかもしれません。相手と笑顔で握手し、軽くうなづけば、それで十分かもしれません。

相手に自己紹介する時は、自分の会社の名前をまず言い、次に自分のフルネームを言ってください。また、相手に呼びかける時は、相手の役職名を使ってください。

名刺交換は、日本のビジネス社会において一種の儀式的役割をはたしています。相手の名刺は、両手でお辞儀とともに受け取ることになっています。相手に対するのと同様の敬意が求められます。名刺は、表を英語、裏を日本語で印刷しておくと便利です。つねに携帯しておくようにしてください。