上座・下座

日本では、身分によって席が決められています。これを上座・下座と言います。一番身分が高い人は上座に座り、
目下の人は下座に座ります。基本的には入り口から最も遠い席が上座となりますが、場所によっては別の席が上座となる場合があります。
下記に和室と洋室の場合を紹介します。

和室

床の間(和室の象徴である、伝統的な座敷飾り)を背にして座る席が上座です。
床の間がない場合、入り口から最も遠い席が上座になります。

洋室

床の間はないので、原則入り口から遠い席が上座になリます。ただしソファがある場合、ソファが上座になります。
2人掛け以上のソファと1人掛けのソファがある場合、2人掛け以上ソファが上座になります。