日本でビジネスするのは大変難しいです。海外の経営者は日本でビジネスするとき、日本の消費者が何を求めているかを理解する必要があります。
また、日本語の請求書を作成できれば、心強いでしょう。

海外企業が日本で失敗する理由

・言語と文化の壁を乗り越えるのが困難。
・請求書の内容が不正確。
・アメリカ、ヨーロッパ、その他海外でのビジネスに慣れていて、日本には適応する必要がないと思っているビジネスマンがいる。

日本人に適した請求書の作り方

日本の顧客とスムーズに取引するために、日本人が分かる請求書作りが必要不可欠です。日本の請求書は英語の請求書と違うところがあり、日本のお客様が請求書に求めていることが分かり、それを提供できる人材の助けが必要です。

請求書のテンプレート

請求書のテンプレートを使用すれば、必要な情報が欠けることなく請求書を作成できます。事業責任者は情報を入力するだけで、請求書ができます。Makeleapsは日本語の請求書に必要な情報を提供し、記入箇所の翻訳もあるので、使用者は請求書に何が書かれているのかを正確に把握できます。

本国の成功者が日本でまさかの失敗

信じられないかもしれませんが、アメリカで成功した企業、eBayが日本で失敗しました。失敗した理由は日本での競争を理解してなかったからです。
もう既に日本にあった競合企業はeBayを叩き潰しました。日本の既存企業は新規参入企業にはよくこのようなことをします。eBayはもう少し準備するべきだったかもしれません。

大国に進出するときは多大な投資を!

日本は国土は小さいですが、経済規模は大国です。たくさんの企業が日本に新しい製品を市場に投入するとき、多大な投資が必要ということを学びました。多大な投資ができない企業は日本市場に適するように製品を改良し続けるしかないでしょう。新しい市場に進出の準備が足りなかったために、たくさんの企業が大きい損失を経験しました。

日本人が求めている請求書を作成できれば、外資系企業は信頼を構築することができ、日本でのビジネスを有利に進められるでしょう。