関係を築く

日本社会において、同僚やクライアントとよい関係を築くには、3つの要因があります。誠実さ、相性、そして、信頼性です。誠実さとは、この場合、あなたが、相手の言い分を聞き入れ、理解しうる人間であることを相手に示すことを意味します。相性とは、会社や仕事を離れ、あなたと相手が、一人の人間として付き合える関係を意味します。信頼性とは、日本人の行動基準から逸脱しない行動をするということを意味します。

コミュニケーション

曖昧さが、日本人のコミュニケーションにおける最大の特徴です。全体の和を重んじるため、日本人は、相手の気分を害さないよう曖昧な表現を多用します。ダイレクトでストレートな表現は、摩擦を起こす可能性があると思い、それを嫌うのです。したがって、相手が何を言いたいのか理解に苦しむ場合が多々あります。

さらにあなたを困惑させることがあります。それは、日本人は、明瞭に表現しなくても、あなたは理解していると思っているのです。日本人は、集団の中でわかりきっていると思われることは、言語化せず、相手が推測し、感じるべきものだと信じています。
あなたは、自分にとって相手の話が十分明瞭に理解できるまで質問すべきです。