ここで紹介する「ほうれんそう」とは、野菜の「ほうれんそう」ではなく「報告」、「連絡」、「相談」の頭文字をとった「報・連・相」のことです。日本の会社で働く上で、この「ほうれんそう」はコミュニケーションの基本と言われています。上司は部下の状況を把握し、また部下は上司にそれを伝える義務があるため、この3つは大切です。「報告」、「連絡」、「相談」は次のように定義することができます。

・報告:上司から指示・命令をうけたことに関して、その遂行の状況・結果を述べること
・連絡:関与者に必要な情報や有効な情報を自らの意志で知らせること
・相談:解決したいテーマについて上司や先輩・同僚の意見を求めること

報告、連絡、相談の3つががスムーズにできるようになれば、どこの会社でも喜ばれ、また円滑な人間関係を築くことができるでしょう。