「おもてなし」とは、お客様や大切な人を尊重した気遣いや心配りのことを意味する、日本独自の文化です。これは、平安・室町時代に発祥した茶道(茶の湯)から始まったと言われています。また、日本人の「おもてなし」の心の基盤には、誰に対しても自然に親切にする意識があると考えられます。

おもてなしの精神は、日本でのビジネスにも生かされています。例えば、企業が利便性や価格を超えた、幸せや心地よさのサービスを提供するといった精神は、おもてなしの心が貴重な要素になっていると言えます。

現在、生活環境の発展や社会状況の変化により、少しずつおもてなしの心が失われつつあるとの声もあります。人をもてなすということは、私たち日本人の誇るべき貴重な文化であるため、これからも私達自身が習慣として身に付けて伝承していかなければなりません。