入金消し込み(消し込み)とは

簡単に言うと、入金の内訳管理のことを指します。売掛金や買掛金の回収や支払いが
請求通りなされているかを把握し、どの売掛金を入金済みまたは売掛金をそのままの状態で残しておくのかを、
伝票や帳簿を使って確認や決定をすることです。

請求の件数が多い場合、作業に大変な時間と労力を費やさなければなりません。
また入金消し込みをする際、取引先への確認や問い合わせや照合を行えば、
より煩わしく手間がかかり確認ミスも起こりうる可能性もあります。
特に検収日・締め日や未払金への対応を気をつける必要があります。

最近までは、エクセルで各企業が独自に入金消し込みの作業を行うことや銀行が
提供する消し込みサービスの利用をしたり、入金消し込み用の会計ソフトで作業行ってきました。
現在では様々な場面でクラウドが主流になるにつれ、入金消し込みもクラウドで管理できるようになってきています。
そのためクラウドで作業を行うことによって、多くの時間と手間、さらに照合ミスを大幅に削減することが期待できます。

MakeLeapsでは、MakeLeaps上で作成された見積書・請求書について、売掛金管理をすることができます。
また、支払い期限や支払いされているのかどうかをチェックする機能も備えています。

Screen Shot 2013-07-02 at 8.04.20 PM
※詳しくは、こちら

このページを共有: