フリーランスが多い仕事は?

個人でフリーランスとして仕事をするには、高い専門性、スキル、才能そして努力が必要になります。フリーランスの仕事が多い業界としては、以下のようにデザイン、IT(ウェブ)、また出版関係などがあります。

<デザイナー>
フリーランスデザイナーの職種には、主に次のようなものがあります。

1. ウェブデザイナー
ウェブ(ホーム)ページを作成します。美しくて見やすい、またアクセス数が増えるようなデザインに配慮したサイトを作成します。

2. グラフィックデザイナー
チラシや広告などのデザインを作成します。広い意味では、DTPオペレーターやイラストレーターの仕事もグラフィックデザイナーに含まれます。

3. キャラクターデザイナー
アニメやコンピューターゲームのキャラクターを作成します。多くの場合、キャラクターデザインという独立した仕事でなく、イラストレーターやグラフィックデザイナーが手がけることが多いようです。

<エンジニア>
フリーランスエンジニアの職種には、主に次のようなものがあります。

1. システムエンジニア
システムを企画し、設計します。コンサルティングやマネジメント的な役割が求められることもあります。

2. プログラマー
仕様書に従ってプログラムのコードを作成します。システムエンジニアとプログラマーは必ずしも厳密に区別されているわけではなく、フリーランスエンジニアはシステムエンジニアとプログラマーの両方をこなす場合もあります。

<ライター>
ライターの職種には、主に次のようなものがあります。

1. ブロガー(ウェブライター)
ブログやウェブサイトに掲載する文章やメールマガジンを専門に執筆します。

2. コピーライター
映画や商品の宣伝をするためのキャッチフレーズやスローガンを作成する仕事です。パンフレットやチラシの制作に関わることもあります。

3. コラムニスト
新聞や雑誌等に記事やコラムを書く仕事です。

このページを共有: