時間とコストを削減する労務管理システムはここをチェック〜そのメリットとおすすめシステムのご紹介

労務管理をいかに効率よく、かつローコストで実行するかは、企業にとって常に大きな課題です。 煩雑でスピードが求められる労務管理を推進するツールとして、近年、クラウド型の労務管理システムが提供されるようになっています。

時間とコストを削減する労務管理システムはここをチェック〜そのメリットとおすすめシステムのご紹介

労務管理をいかに効率よく、かつローコストで実行するかは、企業にとって常に大きな課題です。

煩雑でスピードが求められる労務管理を推進するツールとして、近年、クラウド型の労務管理システムが提供されるようになっています。そこで本稿では、労務管理システムを導入するメリットと、おすすめのサービスについてご紹介します。

労務管理とは

労務管理とは、主に以下のような、従業員の労働条件や労働環境を整備し管理する業務のことを指します。

従来これらの作業は、紙と人の手によって管理されてきました。しかし、近年ではWebシステムを導入することで、煩雑な労務管理に要する時間とコストを大幅にカットできるようになっています。

システム導入により効率化できること

労務管理システムの導入により、以下のようなことが可能になります。

勤怠管理や給与計算を効率化する

勤怠を紙のタイムカードで管理している場合、出勤日数や残業時間などを給与計算シートやエクセルなどに人の手で転記する必要があります。この際、転記ミスによる計算間違いが起こり得ます。

一方、多くの労務管理システムでは、Webシステム上でタイムカードを打刻するため、実働時間のデータは自動的に計算され、勤務時間と給与体系が連動します。転記という作業自体が不要になるため、転記ミスを防ぐことができます。また、転記にかかる時間や人件費を削減できます。

頻繁な入退職にも対応可能

近年では、終身雇用でひとつの企業に勤めるのではなく、転職によってキャリアを重ねる人が増え、雇用の流動化が進んでいます。そのため、企業側においても常時、入退社に関わる手続きが増える傾向にあります。入退社時に発生する手続きは、以下のように多岐に渡ります。

労務管理システム導入により、これらの煩雑な手続きをシステム上で一元管理して実行できるため、時間と労力、そしてコストを低減できます。

社員の勤務状況をリアルタイムに把握できる

紙のタイムカードでは、各社員の勤務状況や残業時間などを、月末の集計によって把握しています。しかし、労務管理システムを導入すると、毎日の打刻をクラウド上で確認できるため、残業時間の管理をリアルタイムで行うことができます。さらに、残業時間が規定よりも多い社員に対して、アラートを発信する機能を備えた労務管理システムもあります。

不正防止

紙のタイムカードでは、他の人間が代わりに打刻するなどの不正を防ぎ切ることはできません。しかし、労務管理システムであれば、社員に個々のユーザーアカウントが付与されるため、代わりに打刻するということは不可能です。

労務管理システム比較のポイント

数ある労務管理システムの中から自社にとって最適なシステムを導入する際には、いくつかのチェックポイントがあります。

対象範囲のマッチした労務管理システムを選ぶ

労務管理システムは、サービスによって対象の企業規模や企業形態が異なります。具体的には、以下の要件を確認の上で、自社に対応可能な労務管理システムを選定することが肝要です。

就業規則への対応

多くの企業では、就業規則を設定しています。その就業規則に沿った機能を提供できる労務管理システムを導入することが望ましいです。

有給休暇を例に挙げると、労働基準法に遵守していれば、入社半年後に10日間の有給休暇を付与することになっています。しかし、付与のタイミングを早めることは法律上問題がないため、企業によっては入社後すぐに有給休暇を付与することも可能です。こういった場合にも対応している労務管理システムであれば、手続きがスムーズです。

また労務管理システムによっては、標準機能にはない機能を追加実装できるカスタマイズ開発に対応していることもあるので、確認すると良いでしょう。

費用体系

労務管理システムは、一般に利用する社員数に応じて利用料金が変動します。社員が増えればコストが加算されるため、中長期的なコスト試算も必要です。

また労務管理システムによっては、初期費用が発生するケースもあるので、予算に組み込むことを忘れないようにしましょう。

おすすめ労務管理システム

それは、おすすめの労務管理システムを紹介しましょう。

ジョブカン

ジョブカンは株式会社Donutsが提供する労務管理システムです。基本的な勤怠管理機能が一通り揃っており、幅広い業種に対応できることが強みです。LINEやSlackでの打刻や工数管理など、他社にはあまり見られない機能も搭載されています。初期費用不要で、多様な機能を考えると料金は比較的割安です。

SmartHR(スマートHR)

(画像出典:SmartHRウェブサイト

SmartHRは株式会社SmartHRが提供する労務管理システムです。SmartHRは社員の入退社の手続きに対応しており、雇用契約書や社会保険関係の書類を発行できます。また多言語表示に対応しているので、外国人社員のいる企業におすすめです。 なお、SmartHRには勤怠管理、給与計算機能はなく、外部サービスとの連携によって対応することができます。

jinjer労務(ジンジャー労務)

(画像出典:jinjer 労務ウェブサイト

jinjer 労務は、株式会社ネオキャリアが提供する労務管理システムです。jinjerの特徴は、機能単位で課金する点です。必要な機能を選んで導入することができるので、無駄なく活用できます。

オフィスステーション

オフィスステーションは、株式会社エフアンドエムが提供する労務管理システムです。オフィスステーションは、必要とするサービスごとに契約できます。勤怠管理と給与計算は、外部サービスとの連携が必要です。

オフィスステーションの最大の特徴は、対応帳票の種類が豊富なことです。オフィスステーション単体で対応している帳票種類数は118種類あり(2020年6月9日現在)、社会保険や労働保険、雇用保険などの申請書類群に対応しています。詳しくは対応帳票・イベントのページをご覧ください。

sai*reco(サイレコ)

(画像出典:sai*recoウェブサイト

sai*recoは、株式会社アクティブ アンド カンパニーが提供する労務管理システムです。sai*recoの特徴は、子会社や関連会社などの情報を登録できる点です。ホールディングスの企業グループや、社内に事業所が複数存在する企業(工場や店舗など)などの労務管理に向いています。

勤怠管理と給与計算は、外部サービスとの連携が必要です。

Arrow(アロー)

(画像出典:Arrowウェブサイト

Arrowは、株式会社S&Aが提供する労務管理システムです。Arrowは、シフト制で勤務する企業の労務管理に向いており、主にアルバイトを中心とした店舗業務のある企業に最適化されています。シフトを設定すると、勤怠入力から給与計算まで一気通貫で対応できる点が強みです。

まとめ

ご紹介した労務管理システムの特長をまとめました。

本記事を参考に、自社に最適な労務管理システムを選定してください。

おすすめ記事

の提供で

クラウドで見積・納品・請求書を
かんたん作成、郵送

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。