無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!
×

Salesforceのカスタムオブジェクトとは?各種設定や活用方法を紹介

この記事では、Salesforceのカスタムオブジェクトについての作成手順などを解説しています。カスタムオブジェクトは、さまざまな用途に合わせて作成できます。活用方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Salesforce(セールスフォース)には、標準オブジェクトのほかにも、カスタムオブジェクトが存在します。カスタムオブジェクトは、自社のビジネス用途に合わせて作成できる任意のオブジェクトであるため、上手に活用することで業務の大幅な効率化につながります。

この記事では、Salesforceのカスタムオブジェクトの概要、標準オブジェクトとの違い、設定方法、具体的な活用例について解説します。

<目次>
Salesforceのカスタムオブジェクトとは?
Salesforceのカスタムオブジェクトの各種設定方法
Salesforceのカスタムオブジェクトを活用しよう

 

Salesforceのカスタムオブジェクトとは?

そもそもSalesforceのオブジェクトとは、さまざまな種類のデータを集める箱のようなものです。例えば、Salesforceの取引先オブジェクトの中には、取引先名、住所、電話番号などがデータとして入っています。このように関連するデータを1つの箱として定義したものを「オブジェクト」と呼びます。

また、オブジェクトの中にもいくつか種類があります。オブジェクトの種類には、標準オブジェクトやカスタムオブジェクト、外部オブジェクトなどが存在しています。標準オブジェクトは、システム内にデフォルトで作成されているオブジェクトです。カスタムオブジェクトとは、それぞれのユーザーがビジネス用途に合わせて自由に作成できるオブジェクトです。

標準オブジェクトとの違いは?

前述のとおり標準オブジェクトは、システム内に最初から用意されているオブジェクトであり、代表的なものにリード・取引先・商談・商品・契約などが挙げられます。

標準オブジェクト表(一部)

オブジェクト名 内容
リード 見込み顧客情報、見込み商談情報
取引先 取引先の企業情報、競合会社、パートナーなどのビジネスに関係する組織や個人に関係する情報
リード 見込み顧客情報、見込み商談情報
商談 商談対象の商品情報
契約 取引先に関連付けられた契約情報、業務上の合意情報
商品 Salesforce組織で販売している商品情報
行動 営業活動などの日々の行動情報
ToDo 営業活動などのToDo情報

参照:Salesforce SOAP API 開発者ガイド

一方、カスタムオブジェクトは、標準オブジェクトとは別にユーザーの用途に合わせて作成することが可能です。標準オブジェクトだけではまかないきれない、自社独自のデータを定義したい際に、カスタムオブジェクトが役立ちます。例えば、顧客のアンケート回答結果のデータを管理するオブジェクトや、社員の1日の作業内容などを管理する業務報告のオブジェクトなどを作成できます。

なお、外部オブジェクトは、外部システムのデータテーブルに接続して、外部データの検索と操作ができるオブジェクトです。関連するデータが入っている外部システムと同期することにより、外部オブジェクトの自動作成が可能です。

 

Salesforceのカスタムオブジェクトの各種設定方法

ここまでSalesforceのカスタムオブジェクトの概要について解説しました。続いて、実際にカスタムオブジェクトを作成する手順と、カスタムオブジェクトがタブに表示されないときの対処法について解説します。

オブジェクトの作成手順

1. 「設定画面」のメニュー項目から「プラットフォームツール」>「オブジェクトおよび項目」>「オブジェクトマネージャ」を選択します

オブジェクトの作成手順1

2. オブジェクトマネージャ右上にある「作成」から「カスタムオブジェクト」をクリックします

オブジェクトの作成手順2

3. 新規カスタムオブジェクトの設定画面に遷移したら、「表示ラベル」「オブジェクト名」「レコード名」を入力します

オブジェクトの作成手順3

4. 設定項目の末尾にある「カスタムオブジェクトの保存後、新規カスタムウィザードを起動する」にチェックを入れ、最後に「保存」をクリックします

オブジェクトの作成手順4

画像引用元:Salesforce使い方ガイド

5. 新規カスタムタグのページに遷移したら、「タブスタイル」の右にある、虫眼鏡アイコンをクリックします

オブジェクトの作成手順5

6. 好みのタブスタイルを選択します

オブジェクトの作成手順6

7. 作成したカスタムオブジェクトを表示させるプロファイルを選択します

オブジェクトの作成手順7

8. 作成したカスタムオブジェクトを利用可能にするアプリケーションを選択します。最後に「保存」を押します

オブジェクトの作成手順8

 

カスタムオブジェクトがタブに表示されない場合

作成したはずのカスタムオブジェクトがタブに表示されない場合、まず考えられる原因は、タブが作成されていないことです。上記のカスタムオブジェクト設定手順の⑤〜⑦でも解説したとおり、設定からタブに移り、カスタムオブジェクトタブの「新規」をクリックすることでタブを作成できます。

すでに上記の手順でカスタムオブジェクトのタブを作成したが表示されないという場合は、カスタムオブジェクトのリリース状況や、プロファイルのカスタムタブの設定を確認してください。

カスタムオブジェクトのリリース状況が「開発中」だとユーザーには表示されません。リリース状況は、以下の手順で確認できます。

Lightning Experienceユーザインターフェースの場合

1. 歯車アイコンから「設定」をクリック

2. 「オブジェクトマネージャ」をクリックし、オブジェクト名を選択

Lightning Experienceユーザインターフェースの場合の手順

3. 詳細画面に遷移したら「編集」をクリックする

4. リリース状況を確認し、「開発中」になっている場合は「リリース済み」に変更する

Lightning Experienceユーザインターフェースの場合の手順

Salesforce Classicユーザインターフェースの場合

1. 「設定」の「作成」から「オブジェクト」を選択

2. オブジェクト名をクリック

3. 「編集」をクリック

4. 「カスタムオブジェクトの定義の詳細」の「リリース状況」を確認する。値は「リリース済み」に設定する必要がある

参考:Salesforce使い方ガイド

 

Salesforceのカスタムオブジェクトを活用しよう

カスタムオブジェクトは、標準オブジェクトで管理すると複雑になってしまうような顧客の補足情報などを格納するオブジェクトです。

ここでは、Salesforceのカスタムオブジェクトの具体的な活用方法を紹介します。

上記で例に挙げた以外にも、自社の業務効率を上げるために適するオブジェクトを自由に作成できます。ぜひご活用ください。

 

本記事では、Salesforceのカスタムオブジェクトの概要、標準オブジェクトとの違い、各種設定方法、具体的な活用方法を解説しました。

Salesforceでは、格納が難しい自社独自のデータなどをカスタムオブジェクトで定義することによって、顧客情報や社内情報を効率よく管理することができます。

カスタムオブジェクトに定義された各データは、顧客ごとなどにオブジェクト間で紐づいているのでデータが紛失する恐れがなく安心です。

標準オブジェクトだけでは少し不便に感じていた方、Salesforceのオブジェクトを最大限利用して業務の効率化を目指している方は、ぜひカスタムオブジェクトを活用してみてください。

記事についての回答は致しかねます。
請求書
請求書
郵送サービス
郵送サービス
支払い
支払い
請求書
売上レポート
入金管理
入金管理
連携
連携

請求業務をクラウド&AI化して、
社内リソースをコアビジネスへ。

もし、請求業務に労力を奪われているなら、
それが会社の成長を鈍らせている原因かもしれません。

無料で試してみる

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。