無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!
×

SalesforceのAPI連携とは?APIの種類と特徴を解説!

Salesforceには、さまざま種類のAPIが用意されており、それぞれに異なる機能や特徴があります。この記事では、SalesforceをAPI連携するメリットや、主なAPIの特徴を解説するとともに、SalesforceとAPI連携できるおすすめツールを分野別に紹介しています。

Salesforceの利便性を高めるために行いたいのが、「API連携」です。API連携をしてSalesforceを外部ツールとつなげることで、より使いやすいようにカスタマイズすることができます。ここでは、API連携の基本から主なSalesforce APIの特徴、連携できるツールをご紹介。導入の検討材料にしてください。

<目次>
Salesforceの利便性が向上するAPI連携とは?
主なSalesforce APIの特徴を解説!
SalesforceとAPI連携できるツールを紹介!
Salesforceの連携ツールを導入する際の注意点

 

Salesforceの利便性が向上するAPI連携とは?

APIとは、「Application Programming Interface」の略です。そのまま日本語に訳すと、「アプリケーションをプログラミングするためのインターフェース」という意味になります。

インターフェースとは「何かと何かをつなげる」という意味があり、例えば、パソコンとスマホをつなげるケーブルがインターフェースに当たります。

つまり、APIとはソフトウェア同士を接続するインターフェースのことを指すのです。

また、APIを使ってほかのソフトウェアとの接続・連携を可能にすることを、「API連携」と呼びます。

API連携を行うことにより、ソフトウェアの機能を他のソフトウェアと共有。外部サービスを利用できるようになり、機能性の拡張や使いやすさの向上が期待できます。

APIの用途・メリット

Salesforceには10種類以上のAPIが存在し、それぞれ異なる機能を提供しています。Salesforce単体では不足する機能や、強化したい機能をAPIで補えるのが一番のメリットです。

すでにあるAPIを連携すれば、自社で1からシステム開発をする必要がないため、開発効率の向上につながります。さらに、認証機能などが付いたAPIを連携すれば、セキュリティの向上なども期待できます。

 

 

主なSalesforce APIの特徴を解説!

Salesforceで公開されている、6種類のAPIの特徴を解説します。自社にとって機能性や利便性の向上につながるAPIがあるかどうか、検討の材料にしてください。

SOAP API

もっとも歴史があり、標準的なAPIがSOAP APIです。メッセージを記述する言語にXMLを使用するため、Webサービスの利用に適しています。機能としては、レコードの操作やメタデータの取得、パスワードの管理やメールの送信などが挙げられます。大容量データを扱うことも可能ですが、次に挙げるBulk APIのほうが効率性は高いです。

Bulk API

Bulk APIは、SOAP APIよりも効率のよいAPIです。千から百万単位のレコードの読み込みといった大量のデータ処理に適しています。CSVファイルを使って大量のデータ処理を可能にするため、業務の効率化につながるところがメリットです。

REST API

REST APIは実装が簡単で、さらに通信量も抑えられるため使い勝手もよく、軽量なデータの操作に使えるAPIです。ブラウザアプリやモバイルとの連携に適しています。ただし、大容量のデータを扱う際はほかのAPIを利用したほうがいいでしょう。

Streaming API

Streaming APIは、プッシュ技術を用いてサーバーからクライアントに情報を転送するAPIです。何かイベントがあった際に動作する仕様のため、データ更新の際の通知に利用するとAPIのコール数を減らすことができ、効率的です。ただし、APIの制限上、プッシュ通知の保証が難しいため、コアデータのやりとりには用いることができないことに注意しましょう。

Chatter REST API

Chatter REST APIは、会社内の情報共有に利用されるSNS・Chatterの操作に最適なAPIです。SOAP APIなどでもChatterの操作は可能ですが、専用APIであるChatter REST APIが最も適しています。モバイルアプリケーションやサードパーティのアプリケーションをSalesforceに統合することができるため、情報共有がより手軽になるでしょう。

Tooling API

Tooling APIは、ApexやVisualforceの開発者に向けた機能を持つAPIです。既存のforce.comへの機能の追加や、特定のサービス専用の開発ツール作成などができます。

 

 

SalesforceとAPI連携できるツールを紹介!

Salesforceには多くのAPI連携ツールが存在します。やりたいことに特化したツールを利用することで、より効率的に業務を進めることが可能になるでしょう。代表的なツールには、以下のようなものが挙げられます。

特に、営業担当者と経理の連携が不可欠な請求管理に使えるメイクリープスは、業務の負担軽減にもつながるため、使っておきたいサービスです。クラウド上で請求書の発行・発送が自動的にできるようになります。

また、契約管理も一緒に行えるため、営業担当者の異動・退職や、過去の取引先からの急な連絡にも慌てずに対応することができます。マーケティング面でのサポートも期待できるツールですので、Salesforceと一緒に導入するのもいいでしょう。

 

 

Salesforceの連携ツールを導入する際の注意点

Salesforceの連携ツールはどれも魅力があり、導入すれば業務の効率化が叶うように見えます。しかし、闇雲に導入すればいいというわけではないことに注意しましょう。

まず、同じような機能を持ったツールが多数存在するため、どのツールを選ぶか、導入前によく調査することが大切です。また、そのツールの必要性をきちんと検討することも欠かせません。必要のないツールを増やしても、利用が定着しないという事態に陥るためです。

さらに、部門ごとに独自のツールを導入して、部門間の連携が非効率にならないように注意しておきましょう。各部門でほしいツールのピックアップとは別に、別部門のツールと連携しやすいかどうかを判断することも大切です。

また、連携ツールの導入自体が目的にならないように、何のために、どのような効果を見込んで導入するのかを社内で明確化しておきましょう。

 

Salesforceの利便性を高めるためには、API連携できるツールの導入がおすすめです。連携ツールを導入することにより、機能性の拡張や使いやすさの向上が期待できます。ただし、導入する際にはどのツールを導入するのか、本当に必要なツールなのかをしっかりと検討することが大切です。部門間での連携が非効率になるなどのデメリットが想定できるため、闇雲にツールを増やすことは避けましょう。

記事についての回答は致しかねます。
請求書
請求書
郵送サービス
郵送サービス
支払い
支払い
請求書
売上レポート
入金管理
入金管理
連携
連携

請求業務をクラウド&AI化して、
社内リソースをコアビジネスへ。

もし、請求業務に労力を奪われているなら、
それが会社の成長を鈍らせている原因かもしれません。

無料で試してみる

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。