無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!
×

経費精算に領収書は必要なの?リモートワークでも簡単に経費精算する方法を解説

経費精算に領収書は必要なの?リモートワークでも簡単に経費精算する方法を解説 正しく経費を計上しようと思っても、ルールが煩雑で処理方法に困っている人は少なくありません。この記事では、経費精算に必要な領収書の取り扱いや領収書 […]。

経費精算に領収書は必要なの?リモートワークでも簡単に経費精算する方法を解説

正しく経費を計上しようと思っても、ルールが煩雑で処理方法に困っている人は少なくありません。この記事では、経費精算に必要な領収書の取り扱いや領収書の電子保存が広がらない背景、リモートワークで経費計上する方法などを解説します。リモートワークで経費精算する際に、困らないための知識を身につけていきましょう。

経費精算とは?

はじめに、経費精算とは何かを具体的に解説します。

経費精算とはどのようなもの?

経費精算とは、従業員が業務遂行に必要な費用を立て替えた際に、会社から払い戻しを受けるための申請手続きのことを指します。得意先を訪問する際の交通費や接待交際費、通信費や雑費などを立て替えた場合に、信憑性があれば同額の払い戻しができます。

申請後は上司・経理部門などの承認を経て、規定の日に払い戻しを受けられます。

経費精算には領収書が必要

経費精算をするには、確実に立て替えたと証明できる領収書が必要です。領収書に該当するかどうかわからない場合、取引があった年月日・取引相手の名前・購入した品物の名前や個数・代金が記載されているかの4点を確認しましょう。取引相手・購入した品物・金銭を受領したことが記載されていれば、レシートでも問題なく経費として申請できます。

領収書の電子保存はなぜ進まなかったのか

電子保存の動きは10年以上前に始まっていたものの、普及しませんでした。ここでは、領収書の電子保存が進まなかった理由を解説します。

電子保存のための条件が厳しかった

領収書の電子保存が進まなかった背景としては、2005年4月に施行された「e-文書法」の条件の厳しさが関係しています。e-文書法とは、紙の保存が必要だった領収書等の書類を電子データで保存できるという法律です。

2005年に施行されたe-文書法には下記のような条件が課せられていました。

・電子保存に対応している領収書は額面3万円未満のみ

・専用のスキャナで読み取った電子データでない限り電子保存が認められない

・事前に所轄税務署長による承認が必要

・電子署名やタイムスタンプが必要

専用スキャナが必要

領収書の電子保存は専用スキャナが必要で、かつ手間を要するため、導入は現実的ではありませんでした。しかし、電子保存が広がらない情勢を顧みて、2015年3月に改正された「e-文書法」によって、スキャン時のサイズやカラー保存の要件が撤廃されています。

さらに2016年のスキャナ保存の要件改正で、デジタルカメラ・スマートフォンの利用が認められるなど、要件が段階的に緩和されつつあります。

参考:国税庁|令和3年度税制改正による電子帳簿等保存制度の見直しについて

経費精算がリモートで行われにくい理由

要件が緩和傾向にあるにも関わらず、なぜリモートワークで経費精算が行われにくいのか、導入のハードルを上げている理由を解説していきます。

領収書の原本を提出する必要がある

領収書を経費精算する際は、原本の提出が求められるケースがほとんどです。

しかし、2022年からは要件が廃止され、定期検査自体が不要となるため、スキャン後に直ぐに原本を廃棄できるようになります。今までは税務署の調査が入った際のことを考えて原本保存をしている企業が多い状態でしたが、2022年からはメールで受領した領収書など電子取引したデータは、全て電子保存が義務づけられます。

承認印を上司にもらう必要がある

領収書を申請する際に、直属の上司の承認印が必要な企業は少なくありません。申請書類が電子化されていない場合は、印刷して物理的に押印してもらう必要があります。手間がかかるうえに、やり取りするまでに時間がかかるため、リモートワークでの経費精算は進めにくいという側面があります。

手渡しが必要な小口現金

リモートワークで経費精算を進めにくい理由の一つとして、小口現金の存在が挙げられます。企業の中には経費精算の手間をなくすために、立て替えた金銭が少額の場合は、小口現金で精算しているところがあります。

小口現金は、切手・文具代・交通費などを立て替えた際に、直ぐに払い戻しするための現金のことです。立て替える金額があらかじめわかっている場合は、事前に支払っておく方法もあります。小口現金は手渡しでやり取りされるため、リモートワークでは対応が難しくなります。

経費精算をリモートで行うための手続きとは

ここからは、経費精算をリモートワークで行うための手続きについて取り上げていきます。

経費精算の電子申請化

従来は経費を計上する際は、金銭を立て替えた従業員が申請書を承認者へ提出して、直属の上司や経理部門の押印をもらい、払い戻しを受けるのが一般的でした。しかし、電子申請や電子保存を導入すれば、クラウドサービスなどを活用して、いつどこにいても経費精算ができるようになります。

承認の状況も可視化されるので、スムーズに払い戻しを受けられる可能性が高まります。また、クラウドサービスによっては経費精算だけでなく、他書類のやり取りも行えるため、業務効率を高めることに一役買うでしょう。

領収書をペーパーレスに

経費精算をリモートワークで行うには、申請書類のやり取りを電子化し、ペーパーレスにする必要があります。申請書類だけでなく、領収書もカメラ・スマートフォン・スキャナで取り込んだデータのやり取りに移行することが求められます。今後、領収書も電子取引に移行するなら、2022年からは電子取引した書類は全て電子保存しなければならないため注意が必要です。

小口現金をやめる

小口現金は手渡しする必要があるため、リモートワークでは活用しづらく、精算時に出社する手間を要します。小口現金を使用している企業は、法人用のクレジットカードを用意すると従業員が出社する手間を省けて便利です。さらに、経理担当者が小口現金で都度精算しなくて済むようになるため、管理コスト削減にも繋がります。

経費申請をリモートワークにするメリット

以下に、リモートワークで経費申請や精算を行うメリットを解説していきます。

業務の手間を省ける

経費精算をリモートワーク行うメリットとして、クラウドツール導入によりルールに反する申請をブロックしてくれるため、差し戻されるリスクを減らせます。

さらに、申請フローが可視化されるのでどこまで手続きが進んでいるか状況がわかりやすく、申請書類や領収書を紛失する心配がなくなるでしょう。経理部門でも金額や申請内容を確認しやすくなり、手作業によるミスを減らせるため、業務の手間を省けます。

コスト削減につながる

紙書類で経費精算を行う場合は、回収・保管にコストがかかります。領収書の帳簿書類は事業年度の確定申告後、7年間の保管が義務づけられているため、保管場所や書類の廃棄に大変な労力を必要とします。

領収書の電子取引や電子保存ができるようになると、領収書の保管や廃棄、移送にかかるコストが一切不要です。さらには、領収書の貼りつけやデータの突き合わせなどにかけていた時間や人件費の削減が期待できます。

経費精算システム導入の注意点

経費精算システムの導入時に注意したいポイントをピックアップしていくので、以下を踏まえて導入しましょう。

社内体制の整備を行う必要がある

2015年に電子保存の要件が緩和された後、複数の事務担当者が相互チェックするなど、定期検査の体制が必要でした。しかし、2022年からは相互チェックや定期検査が不要になり、申請が楽になります。

しかし、従来通り電子データの取引授受後は、タイムスタンプの付与が必要です。データを授受してから最長2ヵ月、概ね7営業日以内の付与、もしくはデータの修正・削除の履歴を残さなければなりません。タイムスタンプの受領、あるいは履歴を残せるように法改正に対応できる経費精算システムを導入し、社内体制を整えることが大切です。

経費精算業務の見直しも必要

政府はペーパーレス化に力を入れており、2022年からは電子取引した書類は全て電子保存が義務づけられます。経理部門は経費精算・帳票発行といった大量の書類を扱う業務が多いので、操作性の高いシステムを導入し、業務効率を向上させる必要があります。

2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法により電子取引が増えることを見越して、経理精算業務の見直しが求められます。

まとめ

経費精算のペーパーレス化は進んでおり、領収書や申請書類、見積書を電子取引するニーズが高まっています。発行側と受領側双方にとって業務効率化やコスト削減のメリットがあるため、早めに電子化を進めておくことが重要です。

クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps(メイクリープス)」は、見積書・請求書を一元管理できるクラウドサービスです。各種書類の作成・送付・承認・入金管理まで全て行えるため、従業員や経理部門の負担を軽減できます。2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法における、書類発行者側の電子取引要件にも対応しています。法令に対応した請求管理システムの導入を検討しているなら、まずは資料請求をお試しください。

サービス紹介資料をダウンロード(無料)



記事についての回答は致しかねます。
請求書
請求書
郵送サービス
郵送サービス
支払い
支払い
請求書
売上レポート
入金管理
入金管理
連携
連携

請求業務をクラウド&AI化して、
社内リソースをコアビジネスへ。

もし、請求業務に労力を奪われているなら、
それが会社の成長を鈍らせている原因かもしれません。

無料で試してみる

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。