領収書の宛名の書き方とは?書き間違いの直し方も紹介

領収書には基本的に宛名を記載します。宛名の書き方によってはビジネスマナー違反になるケースや、税務処理上認められないケースがあるため注意が必要です。

領収書の宛名の書き方とは?書き間違いの直し方も紹介

領収書には基本的に宛名を記載します。宛名の書き方によってはビジネスマナー違反になるケースや、税務処理上認められないケースがあるため注意が必要です。

宛名の正しい書き方や訂正方法についてお話しします。

<目次>
領収書の宛名の書き方とは?
領収書の宛名を間違えたら?訂正方法を解説
領収書が宛名なしでも認められる場合は?

領収書の宛名の書き方とは?

まずは、領収書の宛名の書き方についてご説明します。

下の画像例では、合計金額の上部に宛名を記載しています。領収書の宛名はこのように、領収書の上部に記載するのが一般的です。販売されている空の領収書でも、通常は宛名の欄が上部にあります。

領収書サンプル

会社名に通称を用いたり省略したりするのはマナー違反になるので、注意が必要です。また、正式な領収書として認められないケースもあるため、必ず正式名称を記載します。

経理処理の担当者がわかっている場合は、担当者名を記載しましょう。所属部門や肩書きについても忘れずに記載してください。担当者名が領収書を処理する部署が不明な場合は「◯◯株式会社 御中」「◯◯株式会社 経理部 御中」のように書きます。

領収書の宛名は「会社名」で書くこと

状況に関わらず領収書の宛名には代金を支払う者の名前を記載します。企業の経費として支払われた金額の場合、最終的に清算することになるのは会社です。そのため、企業むけに提出する領収書では、宛名として会社名を最初に記載します。

会社名を正式名称で記載することは上述したとおりです。「株式会社」の部分についても「(株)」などと省略して書くのはマナー違反です。

【個人事業主向け】領収書の宛名の書き方

個人事業主に対し領収書を提出する場合、通常は宛名に個人名を記載します。屋号を構えている場合は、「屋号+個人名」を宛名として記載するのがベストです。

屋号と個人名どちらか一方でも問題ありませんが、税務署の管理の都合上、優先度は個人名のほうが上です。

領収書の宛名で「上様」は認められない

宛名として「上様(うえさま)」と記載するケースがありますが、これは税務処理上、正式に認められる表記ではありません。

決済額が少額だと問題ない場合がありますが、企業が発行する領収書では、原則として「上様」の表記を用いないのが基本です。

 

領収書の宛名を間違えたら?訂正方法を解説

手書きの領収書では宛名を間違えてしまうことも少なくありません。ここでは、宛名の訂正方法についてご案内します。

【領収書】宛名などを書き間違えたら?対処法を伝授

領収書の宛名を間違えた際、どのように対応すべきなのでしょうか?

軽微なミスであれば、間違えた箇所の二重線を引き、上部に正しい文字を記載、最後に訂正印を押印すれば訂正可能です。一般的には、発行者個人の訂正印、もしくは会社の角印が訂正印として認められています。

ただし、これは一般的なビジネスマナーとしての話です。領収書として認められるかは税務署の判断に委ねられています。提出先の企業が後のトラブルに対して警戒している場合、一切の訂正が認められないこともあります。

ベストな訂正方法は領収書の再発行です。特に顧客と十分な関係性が築けていない段階など、心象を悪くしたくない場合は、可能な限り再発行することをおすすめします。

絶対にやってはいけない領収書の訂正方法

以下の訂正方法は原則としてNGです。マナー違反以前に領収書として認められないケースがありますので避けてください。

■修正液・修正テープによる訂正

修正液・修正テープによる訂正は基本的に認められません。提出過程で何者かが不正に修正した可能性が疑われてしまいます。領収書にボールペン字や押印以外のものがあることからも、心象が良くありません。

■サンドペーパーによる修正

サンドペーパーで削って訂正を行うのもNGです。修正できたとしても、紙が汚くなったり、傷んだりしてしまうことは避けられません。

■消せるボールペンを使う

近年は専用の消しゴムを利用して字を消せるボールペンが販売されています。記載を間違えたケースを想定して消せるボールペンで領収書を書く方がいますが、やはりNGです。

消せるボールペンの字を訂正した場合、紙面をよく見ると確認できる跡が残ります。改ざんの可能性から、税務署は消せるボールペンでの修正跡をシビアにチェックしているのです。

 

領収書が宛名なしでも認められる場合は?

消費税法上は領収書に記載されるべき項目として以下の5点が定められています。

  1. 発行者
  2. 取引日時
  3. 取引内容
  4. 金額
  5. 書類の受取人

宛名に該当するのは「5.書類の受取人」です。そのため、宛名がない領収書は通常、領収書としての効力がありません。

ただし、以下の事業では宛名のない領収書が例外的に認められています。

  1. 小売業
  2. バス、鉄道、航空会社などの旅客運送業
  3. 旅行に関する事業
  4. 飲食業
  5. 駐車場業

比較的決済額が小さい事業が中心です。こうした事業ではレシートも宛名なしの領収書と同様に認められるケースがあります。

しかし、実際には提出先の会社によって規定が異なるため、領収書を提出する立場の場合は基本的に記載したほうが無難と言えます。

 

領収書は金額が正しければ良いわけではありません。

領収書の書き方によっては社会性やビジネスマナーを判断されてしまいます。今回の記事を参考に、正しく宛名を記載するよう心がけましょう。

の提供で

クラウドで見積・納品・請求書を
かんたん作成、郵送

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。