請求書に印鑑は必要?押す位置や種類についても解説!【フリーランス必見】

「請求書に押す印鑑の位置はどこがいいのだろう?」 「印鑑を押し忘れた請求書を発行してしまったけど、送り直すべき?」 「フリーランスが請求書を発行するときは、どのハンコを使えばいい?」 このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。こちらの記事では、請求書作成時の印鑑の必要性や取扱いについて解説します。

請求書に印鑑は必要?押す位置や種類についても解説!【フリーランス必見】

「請求書に押す印鑑の位置はどこがいいのだろう?」

「印鑑を押し忘れた請求書を発行してしまったけど、送り直すべき?」

「フリーランスが請求書を発行するときは、どのハンコを使えばいい?」

このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。こちらの記事では、請求書作成時の印鑑の必要性や取扱いについて解説します。押印の位置や印鑑の種類などでお悩みの方は、ぜひご覧ください。

<目次>
請求書に印鑑は必要なの?
請求書にはどんな印鑑を押せばいい?
請求書で印鑑を押す位置はどこ?

請求書の例

請求書に印鑑は必要なの?

結論から申し上げると、請求書へ印鑑を押す必要はありません。法的に見ても、「印鑑が押されていないから正式な文書ではない」といったことは一切なし。そのため、請求書への押印を忘れたとしても、法的な問題になるということはありません。

さらに言えば、そもそも請求書発行自体が法律で定められているものではありません。コンビニでの買い物や、公共料金の口座引き落としで請求書が発行されないのは、このためです。

ただし、ビジネスにおいて、口頭での請求はトラブルの元となります。こうしたリスクや利便性を考慮し、ビジネス上では請求書の発行が習慣となっています。

押印の役割は文書の信頼度向上と請求書改ざん・偽造リスク防止

請求書への押印は法的にも不要であることが認められています。しかし、国内企業が発行する請求書の多くには印鑑が押されています。

その理由のひとつは、押印によって発行者の証明が行えるという点にあります。受け取った側にとっても、押印されていることで文書の信頼度が高まり、スムーズな取引が行えます。また、印鑑がない請求書を受け付けないとする企業や官公庁も存在しているため、押印をデフォルトとするのが無難とする見方もあります。

もうひとつは、請求書改ざん・偽造リスクの防止です。印鑑のイメージを複製するのは、文書複製に比べると技術的なハードルが高くなります。加えて、押印がされた文書の改ざん・偽造は、押印なしに比べて罪が重くなるため、犯罪への抑止力が高まるのです。

 

請求書にはどんな印鑑を押せばいい?

一口に印鑑と言っても、役割に応じた種類が存在します。以下では、請求書への押印に適した印鑑の種類を、法人と個人事業主(フリーランス)に分けてご紹介します。

【法人編】請求書に押す印鑑の種類

法人が用いる印鑑にはいくつかの種類があります。この中で、請求書に多く用いられるのは「角印」と呼ばれる正方形の印鑑です。

丸印
(実印、銀行印など)
角印
(認印など)
丸印角印

角印は印鑑登録がされておらず、種類としては「認印」に分類されます。法的効力はありませんが、書類に対して発行者が“確認”や“承認”を行った証となります。なお、同様の理由で「シャチハタ印(ゴム印)」でも効力は同じです。

一方、「丸印」と呼ばれる円形の印鑑は、法務局で印鑑登録が行われた「実印(代表印)」として扱われるケースが多い傾向にあります。実印は1社につき1本という原則があるため、より重要な契約や取引の際に用いられています。そのほか、銀行口座開設時に金融機関へ届け出る「銀行印」も存在します。

なお、丸印や銀行印を請求書に押印しても問題はありませんが、重要な印鑑を多用すると、摩耗が早くなったり、紛失リスクが高まったりする原因となるため、避けるのが一般的です。

ちなみに、書類などの書き損じを訂正した際に押す「訂正印」は、請求書では用いません。記入ミスなどがある請求書は、再発行することが原則です。どうしても訂正が必要な場合にのみ、訂正印を用いましょう。

印鑑は画像データでも大丈夫?

最近では、請求書の確認に画像データを用いる企業も増えてきています。押印ではなく印鑑を印刷するという方法ではあるものの、前述のとおり、角印(認印)には法的効力はありませんから、スキャンした印鑑を用いても効力は同じです。

さらに言えば、画像編集ソフトなどで作成した印鑑であっても構いません。請求書への押印はあくまでも発行者である証であり、それが証明できるのであれば印影に決まりはないと覚えておきましょう。

ただし、中には画像データを用いた印鑑を不可とする会社もあります。こうした場合に備え、事前に請求先へ確認をしておくのがおすすめです。

 

【個人・フリーランス編】請求書に押す印鑑の種類

個人事業主やフリーランスの場合、法人のような「丸印」や「角印」を用いることは稀です。そのため、請求書には普段から用いている印鑑を使うのが一般的です。

ただし、信頼性を高めるために事業用の印鑑を用意しておくのもおすすめです。また、屋号で活動されている場合は、その名称の印鑑を作っておくのもよいでしょう。

 

請求書で印鑑を押す位置はどこ?

請求書における押印位置に特別な決まりはありませんが、ある程度のマナーがあります。

まず、請求書のフォーマットに捺印欄があれば、そちらを優先しましょう。捺印欄がない場合は、会社情報(社名・住所・電話番号など)の右側を定位置とするのが一般的です。なお、この際には文字に被せるように押印を行いましょう。社名と印鑑がセットになっているという意味に加え、請求書が改善されていない証明になります。

また、これは請求書に限ったことではありませんが、押印時には印影がきれいに残るよう注意してください。大きなかすれや欠けがあるものは提出を控えましょう。

 

請求書に印鑑を押すのは、日本における一般的なビジネスマナーです。
法的効力はなくても、改ざん・偽造防止に有効である点はメリットとも言えるでしょう。

「捺印欄、もしくは会社情報の右に角印をきれいに押す」

抑えるべきポイントは上記のみ。請求書作成の際には、ぜひ思い出してください。

の提供で

クラウドで見積・納品・請求書を
かんたん作成、郵送

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス ワンクリックで印刷、切手貼付、投函まで請求書発行業務を自動化します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。