見積もり・見積り・見積…正しいのはどれ?

見積もり・見積り・見積…このうちどれが正しい書き方でしょうか? 見積もり書・見積り書・見積書の場合はいかがでしょう?   疑問に思い、実際に調査してみました。   結論は以下の通りです。

向原 愛海
広報&マーケティング

千葉県出身、2012年2月入社。初期メンバーとして加わり、カスタマーサポート、セールス、コンテンンツマーケティング、セミナー講師、人材研修など幅広く経験し、現在はPR・広報を兼任。社外ではシンガーソングライターとしても精力的に活動している。

見積もり・見積り・見積…正しいのはどれ?

見積もり・見積り・見積…このうちどれが正しい書き方でしょうか?

見積もり書・見積り書・見積書の場合はいかがでしょう?

 

疑問に思い、実際に調査してみました。

 

結論は以下の通りです。

・見積もり・見積り・見積いずれも正しい。

・見積もり書・見積り書・見積書の中で最も正しいのは「見積書」である。

この結論に至った過程を、以下の欄でご説明します。

 

実際の使用頻度

それぞれの定義について説明する前に、まずは「見積もり」、「見積り」、「見積」の3つの実際の使用頻度を比較してみました。

Googleで「キーワード1 -キーワード2」と入力すると、「キーワード1」を含み「キーワード2」を含まないページの検索をすることが出来ます。これはマイナス検索と呼ばれます。これのように3つの読み方(見積もり、見積り、見積)の使用頻度を比較したところ、以下の結果となりました。

見積もり:6,200万件

 

見積り:3,770万件

 

見積:2,670万件

・見積もり:6,200万件
・見積り:3,770万件
・見積:2,670万件
と、インターネット上では「見積もり」が若干優勢となっていますが、実際の定義上はどのように定められているのでしょうか?

 

見積もり・見積り・見積について

2012年10月現在、日本語の送り仮名は、内閣告示第二号の「送り仮名の付け方」によって定められています。これは昭和48年の6月18日に発行されました。

 

「みつもり」という言葉は、活用のある語(見積もる)から転じた活用のない名詞です。

そして「送り仮名の付け方」の通則4には、こうあります。

【本則 活用のある語から転じた名詞及び活用のある語に「さ」,「み」,「げ」などの接尾語が付いて名詞になったものは,もとの語の送り仮名の付け方によって送る。】

つまり「みつもり」には、元の語(みつもる)の送り仮名の付け方と同じ送り仮名が適用されます。

 

では「みつもる」の送り仮名はどのように定められているのでしょうか。

「送り仮名の付け方」の通則6には、次のようにあります。

【本則 複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。】

※ここでいう「複合の語」は漢字二文字以上で構成された語を指します。

このルールに従うと、「みつもる」の送り仮名は、「みる」と「つもる」というそれぞれの言葉の送り仮名に従うことになります。

「みる」の送り仮名はもちろん「み」の後に付きます。(見る、見ない、見た)

「つもる」の送り仮名は、本来は「つ」(積もる)の後に付きますが、「つも」の後に送り仮名をふること(積る)も『許容』されています。※

※この点については、「送り仮名の付け方」の次の二文を参照してください。

【通例2 本則 活用語尾以外の部分に他の語を含む語は,含まれている語の送り仮名の付け方によって送る。】)

【許容 読み間違えるおそれのない場合は,活用語尾以外の部分について,次の( )の中に示すように,送り仮名を省くことができる。】

〔例〕積もる(積る)

 

このようにして、次の結論が導かれます。

結論1: 「みつもり」のうち、「み」は「見」と表記することができ、「つもり」は「積もり」と表記できる。「積り」も「許容」の範囲内である。

また、「送り仮名の付け方」の通則6には、以下の文言があります。

【許容 読み間違えるおそれのない場合は,次の( )の中に示すように,送り仮名を省くことができる。】

〔例〕売(売上げ・売上) 取(取扱い・取扱) 乗(乗換え・乗換) 引(引換え・引換)

「見積」を読み間違えるおそれはまずないでしょう。これにより、次の結論が導かれます。

結論2:「見積」という表記も許容される。

 

結論1と結論2によって、以下の二点が導かれます。

「みつもり」は基本的には「見積もり」と表記される。

・「見積り」や「見積」という表記も許容される。

 

見積もり書・見積り書・見積書について

それでは、「みつもりしょ」の正しい書き方は何でしょう。

「送り仮名の付け方」の通則7にはこうあります。

【複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。】

〔例〕待合((室)) 見積((書)) 申込((書))

 

このため、以下の点が明らかになりました。

・「みつもりしょ」は「見積書」と表記される。

 

の提供で

クラウドで見積・納品・請求書を
かんたん作成、郵送

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス 送付状・切手・封筒含め1通160円で何通でも郵送します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス 送付状・切手・封筒含め1通160円で何通でも郵送します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。