会社印と代表者印の違い・使い分け – フリーランス・中小企業向け

自分で何らかのビジネスを始めると、いろいろな場面で印鑑が必要となり何種類か作成しなくてはならなくなります。ところが、各印鑑の違いや使い分けについてよくわかっていないということはよくあることです。

向原 愛海
広報&マーケティング

千葉県出身、2012年2月入社。初期メンバーとして加わり、カスタマーサポート、セールス、コンテンンツマーケティング、セミナー講師、人材研修など幅広く経験し、現在はPR・広報を兼任。社外ではシンガーソングライターとしても精力的に活動している。

会社印と代表者印の違い・使い分け – フリーランス・中小企業向け

自分で何らかのビジネスを始めると、いろいろな場面で印鑑が必要となり何種類か作成しなくてはならなくなります。ところが、各印鑑の違いや使い分けについてよくわかっていないということはよくあることです。印鑑によっては法的な効力のあるものとそうでないもの、あるいは使用する場面が決まっているものがあるので正確な知識が必要とされます。
そこで、事業を行っていく上で、使用頻度の高い会社印と代表者印の違いおよびその使い分けについてご説明します。

会社印と代表者印の違い・使い分け

会社印とは、社名のみが刻印されている四角い印鑑のことです。社印あるいは角印と呼ばれることもあります。会社名だけ刻印されている場合もあれば、「○○株式会社之印」というふうにおくり字に「印」や「之印」を入れているものもあります。
会社印は見た目も大きくて重要な印であるかのような印象を受けますが、実は単なる認印にすぎないためその印章の有無は文書の効力に影響がありません。そのため法的効力を要求される文書には会社印が単独で使用されることはなく、代表者印とあわせて使用されます。
会社印は、請求書・領収書・注文書など社外文書、稟議書・辞令などの社内文書に押印されます。通例として、社名の部分に重ねて押印する場合が多いです。

10-1

代表者印とは、本店所在地に届出している最も重要な会社の印章のことです。いわゆる会社の実印のことです。その形状から丸印ともいわれます。印章は二重の同心円となっており、外枠には会社名、内枠には「代表取締役印」と刻印されています。

実印登録されていますから、代表者が対外的に会社を代表して重要な契約を締結する際に使用されます。たとえば、登記申請、株式発行など法的な手続きにおいて必要とされます。

◆フリーランスの印鑑について
フリーランスはいわゆる個人事業主ですから、印鑑については会社の場合とは異なりかなり自由です。会社印に相当するものとして屋号の角印を請求書等に押印する方もいれば、個人の実印を押印する人もいます。ただし、あくまでも法的効力があるのは、市区町村役場に印鑑登録をした実印だけです。その意味では、個人の実印が会社の場合の代表者印に相当するものであるといえます。

の提供で

クラウドで見積・納品・請求書を
かんたん作成、郵送

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス 送付状・切手・封筒含め1通160円で何通でも郵送します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。

幅広い企業層に支持されています

あびるやすみつ 様
代表取締役
AbiStudio.com株式会社

請求書の発行や郵送は部下に依頼していたのですが、スタッフがみんな忙しくなってきて「郵便物は自分で出しやがれ」的な雰囲気を察知したので、いやいや自分で郵送していました。MakeLeapsさんを知ったときは「これだっ」て思いましたね。封筒も切手も買いに行かなくていいですし、住所を書いたりプリントアウトする必要もなし。実際に数ヶ月利用してみたら、便利すぎて死ぬかと思いました。今後もバーチャル秘書としてよろしくお願いします。

鴨志田由貴 様
代表取締役/作戦本部長
作戦本部株式会社

日本の中小企業の90%以上はエクセルで管理していて僕自身もそうでした。他社サービスもいろいろ比較検討した結果、当然一長一短はあるのですが、見やすさ、使いやすさという点で圧倒的にMakeLeapsでした。請求書を代理で発行して欲しい。という人は今後の働き方が多様化する上では非常に需要のあるサービスだと思いますし、その他の見積・請求書を作成する上でわかりやすいUIが非常に気に入ってます。これから更なるサービスの拡充を図るとも思いますので、使いながら応援していこうと思っております!

藤本崇 様
CEO
株式会社IntheStreet

お客様に請求書を送ったり、フリーランサーの方から請求書を受け取ったりと、両方のエンドでMakeLeapsを使わせて貰っています。請求書の枚数自体はそんなにニーズがある方では無いのですが、数少ない出番だからこそ、入力が簡単であったり、カスタマイズと汎用性のどちらの面もそろえたフレキシビリティがなどが良いですね。ずばり便利なサービスです!

の提供で

見積・請求書の作成苦労から
解放致します

シンプルで直感的なインターフェースで、すべての書類をプロフェッショナルなデザインで効率良く作成できます。また、請求書、見積書といった営業・経理業務に必要不可欠な書類をオンライン上で一元管理・送付することができます。


  • 作成予約 予約した日に請求書を自動作成します。
  • 郵送サービス 送付状・切手・封筒含め1通160円で何通でも郵送します。
  • 商品一覧 商品のIDや価格、売上利益を登録できます。
  • ExcelやCSVにエクスポート 請求データはいつでもダウンロードできます。
  • 万全のサポート体制 電話やメール、チャットで迅速に丁寧に対応します。