ホーム > プレスリリース > クラウド請求管理ツールの「MakeLeaps」が「Moneytree」と連携開始
2016年2月25日
メイクリープス株式会社

クラウド請求管理ツールの「MakeLeaps」が

「Moneytree」と連携開始

銀行口座から毎日自動で入金情報を取込み、
手作業だった照合も消込もあっという間に完了

 クラウド型見積・納品・請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」を提供するメイクリープス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:ジェイ ウィンダー)は、マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ポール チャップマン)が提供するクラウドサービス「MT LINK」と、2016年2月25日より、連携することを発表いたします。

本機能はMoneytreeに登録された銀行口座に蓄積される入金情報(入金日、入金額、振込名義)をMakeLeapsへ自動的に取込み、入金内容に基づいて適合する請求書を自動的に呼び出し、入金額の照合と消込作業にかかる時間と工数を大幅に削減することが可能です。

連携の背景とMakeLeapsユーザーのメリット

本連携により、入金情報をリアルタイムでMakeLeapsに取込み、請求書との紐付・入金消込が可能となります。これにより金融機関での記帳やCSVファイルの会計ソフトへのアップロードなど、従来手作業で行われていた照合消込の省力化に貢献します。また、クラウド上で連携口座と請求情報を一元管理できるため、外出先からいつでも入金確認・紐付け・消込作業ができます。今後のバージョンアップで、紐付け・入金消込の完全自動化に取り組みます。

今後の展望

2015年下半期は、案件管理から入金管理までの業務プロセスを一元化する『MakeLeaps forSalesforce』をリリースし、また通常の代金回収に対し約28日回収を早期化できる(当社調べ)オンライン決済サービス『Stripe』との連携機能の利用も増加しています。
2016年は、ビジネス全体における非効率な作業を自動化し、利用者の事業成長に貢献するためサービス改善や機能拡充を行い、さらに勤怠管理や経費清算など新しい業務分野での課題解決を目指します。

「MT LINK」とは

「MT LINK」は、国内約2,400社以上の銀行口座(個人・法人)、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの金融データを一本のAPIにまとめ、既存のシステムとシームレスに接続します。会計業界を始め、IBMのBluemixと公式な連携以降は金融業界にも進出し、異なる様々な業界をつなげ、顧客に新しい価値を提供するファイナンスクラウドサービスです。連携会社は、弥生、大日本印刷、TKC、アックスコンサルティング、エヌエムシイ、アカウンティング・サース・ジャパンです。

「MakeLeaps」とは

「MakeLeaps」は国内法人20,000社以上に導入されているクラウド型請求管理ソフトです。見積・発注・納品・請求・領収書などの帳票作成・管理・郵送をかんたんに行うことができます。インターネット環境さえあれば出先でも作業が可能になり、請求担当、経理、営業、経営者がリアルタイムで最新情報を共有し、作業できます。定期請求書の作成予約、商品管理、レポート、承認・権限設定、メンバーのグループ化、カード決済、口座連携、入金管理など、法人取引に特化した多彩な機能を提供しています。営業支援ツールSalesforce(株式会社セールスフォース・ドットコム)、決済代行サービスStripe(Stripe Inc.)、Evernote(Evernote Corporation)、YAYOI SMART CONNECT(弥生株式会社)との連携により、最新技術を駆使した業務改善を低価格で実現し、中小企業から大企業まで幅広いユーザーの事業成長を支援します。

マネーツリー株式会社 会社概要

会社名: マネーツリー株式会社
代表者: 代表取締役 ポール チャップマン
所在地: 東京都渋谷区神宮前 3-27-15
URL: https://moneytree.jp/

メイクリープス株式会社 会社概要

会社名: メイクリープス株式会社
代表者: 代表取締役 ジェイ ウィンダー
所在地: 東京都目黒区上目黒1-4-3 エクセル中目黒5階
URL: https://www.makeleaps.jp

本リリースに関するお問い合わせ先

メイクリープス株式会社 広報担当
Eメール press@makeleaps.com
電話 03-4550-1530

※本リリースに記載された会社名・商品名・サービス名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。